そもそもNISAって何?

2014年1月から始まった「NISA」について、多くのテレビやメディアでも紹介されていたため、耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。NISAとは、少額投資非課税制度とも呼ばれており、株や投資信託などで得た利益や配当金について、一定額を非課税にするという制度のことを言います。NISA口座での取引において、大きな節税効果を得ることが出来るとされています。具体的には、2014年1月から、毎年100万までの非課税投資枠が設定されることになります。つまり、投資額が100万円分までで得た運用益や配当金に関しては、税金がかからないということです。NISA口座以外の取引の場合や100万円以上の取引を行い得た運用益や配当金に関しては、約2割の税金が掛かります。2014年から2023年までの10年間、1年毎に毎年非課税枠が追加されていきます。ただし、非課税の期間については、最大で5年間となっていますので、途中で株式などを売ったという場合には、非課税枠を利用したと見なされ、再利用することは出来ません。また、非課税枠を使った投資総額については、500万円までと上限が決められているため、それ以上の金額については税金が掛かることになります。NISAを使った取引に向いているのは、短期間に繰り返し売買を行うような取引ではなく、長期的な投資と言えます。NISAでの取引を行うためには、専用の口座が必要となります。証券会社や銀行などで開設することが出来ますが、開設することが出来る口座の数は1人1口座と決められているため、慎重に選ぶようにしましょう。また、年齢が20歳以上である必要がありますので、注意が必要です。

NISAのはじめ方

「NISA」とは、非課税制度のことを指します。NISAを上手く活用すると、10年間で最大1160万円が非課税となり、節税効果を期待することが出来ます。NISAを始めるためには、専用の口座を開設する必要があります。この口座で株式投資や投資信託などをすることにより、非課税枠を利用することになります。つまり、特定口座や一般口座でこれらの取引をしても、非課税とはなりませんので、注意が必要です。口座を開設する事が出来るのは、日本国内に住み、年齢が20歳以上であるという条件を満たしている必要があります。口座を開設する際には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と住民票が必要となります。口座は、証券会社や銀行などの金融機関にて開設することが出来ます。店舗型と非店舗型がありますが、専門的な知識を持つ人のアドバイスを受けたいという場合には店舗型を選択するという方法がありますし、そうでないのであれば、手数料が店舗型よりも低く設定されていることの多い非店舗型がおすすめです。非店舗型については、インターネットを利用して手続きを行う必要がありますので、インターネットを利用することが出来る環境が必要となります。NISA口座は、1人につき1口座しか開設することが出来ないので、注意が必要です。また、既に株式投資を行なっており、株式を所有しているという場合、この株式を非課税枠に入れたいという場合には、所有している株式を一度売却し、NISA口座で買いなおすという手続きが必要になります。NISA口座は、1年に1度だけではありますが、金融機関を変更することが出来ます。ただし、手続きが煩雑になりますので、口座開設をする際には、どの金融機関にするかを慎重に選ぶようにしましょう。

NISAのメリット・デメリット

「NISA」という言葉を聞いたことはあっても、そのメリット・デメリットに関して正しく理解しているという人は多くはないようです。NISA口座を開設し、取引を行うメリットとしては、NISA口座で購入した商品に関しては、その後値上がりしたとしても最長5年間は非課税となります。つまり、この非課税期間の内に売却した場合には、課税されることはないということがあります。また、株式の配当金や分配金などに関しても課税されるということはありません。一方のデメリットとしては、損失が発生した場合には、通常口座や特定口座などの利益と損益通算することが出来ません。また、3年間の繰越控除を受けることも出来ません。損益通算の対象外であるため、NISA口座での取引で損失を出し、通常口座の取引で利益を出したという場合には、通常よりも税金を多く支払わなくてはならない可能性も出てきます。この損益通算とは、通常、株式投資や投資信託で利益を出したという場合、利益の2割が税金として納めるひつ王があります。しかし、利益を出した取引とは別の取引で損失を被ったという場合には、利益と損失を通算することが出来ますので、支払う税金を減らすことが出来るのです。先程も記述したとおり、NISAでの取引では損益通算が使えませんので、税金が軽減されるということはないわけです。損失を出さないためのポイントとしては、損失が大きくなる前に売却してしまうということです。損失は一時的なものの可能性もありますので、その時の状況に応じて臨機応変に対応するということが重要になります。NISA口座を開設する際には、メリットだけではなく、デメリットに関しても理解することが大切です。
●株の成功と失敗がわかります
株で失敗してしまう理由
●ランキングで見る投資顧問
投資顧問会社ランキング
●2014年(平成26年)1月よりスタートした
ニーサ(NISA).COM